現在地
Home
0フォトレタッチ
Photo Retouch - フォトレタッチ
基礎編 実践編 応用編 リファレンス編 フォトレタッチHOME
応用編
キズ・ゴミなどの修整
ピントのズレやブレによってボケた写真をシャープな印象に補正
キズやゴミを消す
ボケ、ブレを直す
綺麗なポートレート写真を
作成する
背景に写ってしまった
人物を消す
色かぶりの補正
明るさ・コントラストの調整
被写体の色をリアル表現
キズ・ゴミなどの修整
応用編TOP
ボケ、ブレを直す

 写真の撮影時にピントがボケてしまった、カメラが動いてぶれてしまったという写真を修正してみましょう。完全とはいきませんが、ある程度のボケやブレなら、めだたなくすることはできます。
 大きくボケたりブレたりした写真は修正できませんが、多少のボケやブレなら何とかなります。画面ではあまり目立たないボケやブレも、プリントするとはっきりわかってしまいます。プリント前にはシャープ処理をすることをお勧めします。ここではわずかにピンボケした写真をシャープにしてみましょう。


●使う機能 アンシャープマスクフィルタ

1.画像を確認します



2.[アンシャープマスク]フィルタを適用します


 シャープにするには一般に[アンシャープマスク]フィルタを使います。[フィルタ]メニューの[シャープ]から[アンシャープマスク]を選びます。
[アンシャープマスク]が開いたら、シャープの強さを決める[量]、シャープの領域を決める[半径]、シャープの適用範囲を決める[しきい値]を設定します。ここでは、ぼけを修正するため[量]を300、[半径]を3として、やや大きな値を設定しました。プレビュー画像を確認してよければ[OK]をクリックします。


  [量] を300、[半径] を3、[しきい値] を1
にします

3.修正後の画像

 [アンシャープマスク]フィルタを適用した画像です。適用前の画像よりはシャープになっています。ただ見てお分かりのようにわかるように、それほどきれいな画像にはなりません。シャープな画像を得るには、やはり撮影時にピンボケしない、ブレないことが大事です。

コラム:[アンシャープマスク]フィルタのかけすぎには注意
シャープさを強調できる便利な[アンシャープマスク]フィルタですが、強い処理はかえって画像を汚くします。特に[半径]の値が大きすぎると輪郭が滲んだような画像になります。下の図は[半径]を「8」とした場合ですが、やはり輪郭が滲み、汚い画像になりました。[アンシャープマスク]フィルタで処理をするときは、値の設定に注意しましょう。

  滲んだような画像
Page Top
前へ キズやゴミを消す 綺麗なポートレート写真を作成する 次へ