現在地
Home
ペーパークラフト
科学
恐竜
ステゴサウルス

ペーパークラフト

キーワード検索

キーワード検索

ダウンロードファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
Get Adobe® Reader®
当サイトをご覧になるにはAdobe® Flash® Playerが必要です。
Get Adobe® Flash® Player


科学 > 恐竜

ステゴサウルス

組立部品A4(6枚) 組立説明書A4(6枚)
ダウンロード ダウンロード
(1,768KB) (1,154KB)

コンテンツ情報

作者名
  • Y.Watanabe
公開日
  • 2008-08-31
< 印刷の設定 >
推奨用紙
  • マットフォトペーパー
印刷品質
  • きれい
印刷の向き
ページ
レイアウト
  • 等倍
ページの
拡大/縮小
  • なし

ステゴサウルスは、中生代ジュラ紀後期に北アメリカに生息していた植物食の恐竜。全長は約7〜9メートルほどで、背中から尾にかけて交互に並んだ大きな板状の骨が最大の特徴。この板の表面や内部には、血管が発達しており、体温を下げる役割をしていた可能性がある。頭が小さく、脳の大きさはピンポン玉2〜3 個ほどしかなかった。尾の先端部についたトゲは、外敵からの防御に使われていたらしい。

このコンテンツのキーワード

戻る

このページのトップへ