年賀状特集

■「オリジナル年賀状パーツ(絵と文字/イラスト/文字)」の使い方

「オリジナル年賀状パーツ(絵と文字/イラスト/文字)」素材は、いろいろなデザインのアクセントに使えます。

(ここでは、ダウンロードした「オリジナル年賀状パーツ(絵と文字)」を使用する例で説明します。)

ページ設定

(1)Word®を起動して、スタート画面から[白紙の文書]を選びます。

スタート画面

(2)[ページレイアウト]メニューの[サイズ]から[はがき100mm×148mm]を選びます。

(3)[余白]>[ユーザー設定の余白]をクリックすると[ページ設定]のウィンドウが表示されますので、「余白」の上・下・左・右の数値を「0mm」に変更し、「印刷の向き」を設定し[OK]ボタンをクリックします。

(4)余白の設定を適正値に設定するかを聞いてくるので、[無視]をクリックします。

余白の設定を適正値に設定

*[修正]ボタンをクリックすると、余白の値が自動的に設定されてしまうので、ご注意ください。

無料素材の挿入

(5)[挿入]メニューから[画像]をクリックすると[図の挿入]のウィンドウが表示されますので、ダウンロードした無料素材を選択し、[挿入]ボタンをクリックすると配置されます。

図

図の挿入

(6)無料素材が選択されている状態で、[書式]メニューの[文字列の折り返し]から[四角]をクリックします。

文字列の折り返し

(7)無料素材の四隅の[□(白四角)]をドラッグして大きさを、無料素材の上をドラッグして位置を調整します。

挨拶文の作成

(8)[挿入]メニューの[図形]の[基本図形]から[テキスト ボックス]または[縦書きテキスト ボックス]をクリック後、ページ上の挨拶文を入れたい位置でドラッグしてテキストボックスを作り、挨拶文をタイプします。

テキスト ボックス

挨拶文をタイプ

(9)テキストボックスを選択している状態で、[書式]メニューの[図形の塗りつぶし]から[塗りつぶしなし]を、[図形の枠線]から[線なし]をクリックして、テキストボックスの背景と枠を透過させておきます。

図形の塗りつぶしと枠線

(10)タイプした挨拶文の大きさや書体、色などを変更する場合には、変更をしたい文章を選択した状態で、[ホーム]メニュー上部のツールよりお好みで調整してください。

挨拶文の調整

印刷

(11)[ファイル]メニューから[印刷]をクリックし、[プリンターのプロパティ]をクリックします。

印刷

(12)プリンターのプロパティウィンドウが開きますので、[基本設定]タブで[用紙の種類]を印刷するはがきの紙質(「インクジェットはがき(通信面)」や「はがき」など)に合わせ、[印刷品質]から「きれい」を選択します。

基本設定

(13)次に[ページ設定]タブで[ページレイアウト]から「フチなし全面」をクリックします。すると、『フチなし全面印刷が設定されました。』とウィンドウが開きますので、[OK]ボタンをクリックし、プリンタープロパティウィンドウも[OK]ボタンをクリックして閉じます。

ページ設定

(14)「部数」を設定し、[印刷]ボタンをクリックして印刷します。

※『はがきの通信面に印刷します。』という内容のウィンドウが表示された時には[印刷開始]ボタンをクリックすると印刷を開始します。
ウィンドウ内のチェックボックスにチェックを入れて[印刷開始]ボタンをクリックすると、次回以降このウィンドウは表示されません。

印刷

■「はがきサイズ年賀状」「オリジナル年賀状パーツ(背景)」の使い方

「フォーマル年賀状」「カジュアル年賀状」「オリジナル年賀状パーツ(背景)」「喪中・寒中見舞いはがき」は、はがき全体の背景に使える素材です。印刷設定は「フチなし印刷」がオススメです。
(ここでは、ダウンロードした「フォーマル年賀状」を使用する例で説明します。)

ページ設定

(1)Word®を起動して、スタート画面から[白紙の文書]を選びます。

スタート画面

(2) [ページレイアウト]メニューの[サイズ]から[はがき100mm×148mm]を選びます。

(3)[余白]>[ユーザー設定の余白]をクリックすると[ページ設定]のウィンドウが表示されますので、「余白」の上・下・左・右の数値を「0mm」に変更し、「印刷の向き」を設定し[OK]ボタンをクリックします。

(4)余白の設定を適正値に設定するかを聞いてくるので、[無視]をクリックします。

余白の設定を適正値に設定

※[修正]ボタンをクリックすると、余白の値が自動的に設定されてしまうので、ご注意ください。

無料素材の挿入

(5)[挿入]メニューから[画像]をクリックすると[図の挿入]のウィンドウが表示されますので、ダウンロードした無料素材を選択し、[挿入]ボタンをクリックすると配置されます。

図

図の挿入

(6) 無料素材が選択されている状態で、[書式]メニューの[文字列の折り返し]から[背面]をクリックします。

文字列の折り返し

(7)[配置]ボタンをクリックし、[上揃え]や[左揃え]などで無料素材が用紙画面に収まるように調整します。

無料素材位置の調整

挨拶文の作成

(8)[挿入]メニューの[図形]の[基本図形]から[テキスト ボックス]または[縦書きテキスト ボックス]をクリック後、ページ上の挨拶文を入れたい位置でドラッグしてテキストボックスを作り、挨拶文をタイプします。

テキスト ボックス

挨拶文をタイプ

(9)テキストボックスを選択している状態で、[書式]メニューの[図形の塗りつぶし]から[塗りつぶしなし]を、[図形の枠線]から[線なし]をクリックして、テキストボックスの背景と枠を透過させておきます。

図形の塗りつぶしと枠線

(10)タイプした挨拶文の大きさや書体、色などを変更する場合には、変更をしたい文章を選択した状態で、[ホーム]メニュー上部のツールよりお好みで調整してください。

挨拶文の調整

印刷

(11)[ファイル]メニューから[印刷]をクリックし、[プリンターのプロパティ]をクリックします。

印刷

(12)プリンターのプロパティウィンドウが開きますので、[基本設定]タブで[用紙の種類]を印刷するはがきの紙質(「インクジェットはがき(通信面)」や「インクジェット写真用はがき(通信面)」、「はがき」など)に合わせ、[印刷品質]から「きれい」を選択します。

基本設定

(13)次に[ページ設定]タブで[ページレイアウト]から「フチなし全面」をクリックします。すると、『フチなし全面印刷が設定されました。』とウィンドウが開きますので、[OK]ボタンをクリックし、プリンタープロパティウィンドウも[OK]ボタンをクリックして閉じます。

ページ設定

(14)「部数」を設定し、[印刷]ボタンをクリックして印刷します。

※『はがきの通信面に印刷します。』という内容のウィンドウが表示された時には[印刷開始]ボタンをクリックすると印刷を開始します。
ウィンドウ内のチェックボックスにチェックを入れて[印刷開始]ボタンをクリックすると、次回以降このウィンドウは表示されません。

印刷

■「フォトフレーム年賀状」の使い方

「フォトフレーム年賀状」は、写真をレイアウトできるはがきサイズの素材です。

印刷設定は「フチなし印刷」がオススメです。

ページ設定

(1)Word®を起動して、スタート画面から[白紙の文書]を選びます。

スタート画面

(2)[ページレイアウト]メニューの[サイズ]から[はがき100mm×148mm]を選びます。

(3) [余白]>[ユーザー設定の余白]をクリックすると[ページ設定]のウィンドウが表示されますので、「余白」の上・下・左・右の数値を「0mm」に変更し、「印刷の向き」を設定し[OK]ボタンをクリックします。

(4) 余白の設定を適正値に設定するかを聞いてくるので、[無視]をクリックします。

余白の設定を適正値に設定

※ [修正]ボタンをクリックすると、余白の値が自動的に設定されてしまうので、ご注意ください。

フォトフレームの挿入

(5)[挿入]メニューから[画像]をクリックすると[図の挿入]のウィンドウが表示されますので、ダウンロードした無料素材を選択し、[挿入]ボタンをクリックすると配置されます。

図

図の挿入

(6) 無料素材が選択されている状態で、[書式]メニューの[文字列の折り返し]から[背面]をクリックします。

文字列の折り返し

(7) [配置]ボタンをクリックし、[上揃え]や[左揃え]などで無料素材が用紙画面に収まるように調整します。

無料素材位置の調整

写真窓の透明化

※PNGファイルで提供されている素材を使用する場合はこの項目を省略してください

(8)無料素材をダブルクリックすると上部のメニューが[書式]メニューに変わりますので、[色]から[透明色を指定]をクリックします。

透明色を指定

(9) マウスポインタが「透明色を指定」の形状に変わりますので、写真窓をクリックすると写真窓部分が透明化されます。

写真窓部分の透明化

※一部、素材の仕様上きれいに透明化できないものがあります。その場合には、写真窓の透明化を行わず、素材の上に写真をのせてお使いください。

写真の挿入

(10)[挿入]メニューから[画像]をクリックすると[図の挿入]のウィンドウが表示されますので、写真素材を選択し、[挿入]ボタンをクリックしてページ上に配置します。

(11) 写真素材をクリックした状態で[書式]メニューの[文字列の折り返し]から[背面]を選びます。

文字列の折り返し

(12) 写真四隅の[□(白四角)]をドラッグして大きさを、写真上をドラッグして位置を調整し、写真の見せたい部分をフォトフレームの写真枠に合わせます。

(13)写真素材が選択されている状態で[書式]メニューの[背面へ移動]から[背面へ移動]をクリックすると、写真がフォトフレームの背面に移動して、写真窓から写真素材が覗きます。

背面へ移動

(14) 写真素材を背面に移動した後に、写真素材の位置や大きさを調整したい時には、[書式]メニューの[オブジェクトの選択と表示]をクリックすると画面右側に[選択]フレームが表示されますので、写真素材にあたる「図」を選択し、キーボードの[矢印]で位置を、写真の四隅の[□(白四角)]をドラッグして大きさを調整します。

写真素材の調整

※調整後、再度[オブジェクトの選択と表示]をクリックして、[選択]フレームを閉じておきましょう。

挨拶文の作成

(15)[挿入]メニューの[図形]の[基本図形]から[テキスト ボックス]または[縦書きテキスト ボックス]をクリック後、ページ上の挨拶文を入れたい位置でドラッグしてテキストボックスを作り、挨拶文をタイプします。

テキスト ボックス

挨拶文をタイプ

(16) テキストボックスを選択している状態で、[書式]メニューの[図形の塗りつぶし]から[塗りつぶしなし]を、[図形の枠線]から[線なし]をクリックして、テキストボックスの背景と枠を透過させておきます。

図形の塗りつぶしと枠線

(17) タイプした挨拶文の大きさや書体、色などを変更する場合には、変更をしたい文章を選択した状態で、[ホーム]メニュー上部のツールよりお好みで調整してください。

挨拶文の調整

印刷

(18)[ファイル]メニューから[印刷]をクリックし、[プリンターのプロパティ]をクリックします。

印刷

(19) プリンターのプロパティウィンドウが開きますので、[基本設定]タブで[用紙の種類]を印刷するはがきの紙質(「インクジェットはがき(通信面)」や「インクジェット写真用はがき(通信面)」、「はがき」など)に合わせ、[印刷品質]から「きれい」を選択します。

基本設定

(20) 次に[ページ設定]タブで[ページレイアウト]から「フチなし全面」をクリックします。すると、『フチなし全面印刷が設定されました。』とウィンドウが開きますので、[OK]ボタンをクリックし、プリンタープロパティウィンドウも[OK]ボタンをクリックして閉じます。

ページ設定

(21)「部数」を設定し、[印刷]ボタンをクリックして印刷します。

※『はがきの通信面に印刷します。』という内容のウィンドウが表示された時には[印刷開始]ボタンをクリックすると印刷を開始します。
ウィンドウ内のチェックボックスにチェックを入れて[印刷開始]ボタンをクリックすると、次回以降このウィンドウは表示されません。

印刷

年賀状特集サイトへ

▲ページトップへ

HOME / 2018年 戌年 年賀状特集 / ソフトを使った作り方
HOME / 2018年 戌年 年賀状特集 / ソフトを使った作り方